わきがを治す方法について

脇

保険適用の有無について

わきが治療は、保険が効く治療と保険が効かない治療の2種類に大別することができます。普通の皮膚科や形成外科に行けば、保険が効くわきが治療を受けることができます。その場合、窓口で支払う治療費は1〜2万円前後になります。わきがの症状が気になって人付き合いに臆病になってしまっている人が少なくありませんが、医療機関で適切な治療を受けることによって、気になる臭いから解放されることができます。一方、美容外科クリニックへ行くと、保険が効かないわきが治療を受けることができます。治療費全額を患者が自己負担することになりますから、最低でも30万円前後の費用がかかることになりますが、保険診療の縛りを受けない丁寧なわきが治療を受けることができます。

注射で治すことができます

メスを用いるわきが手術を受けた場合、術後しばらくの間は普通に生活することができなくなってしまいます。最近のわきが手術はメスで切開する量を必要最小限に抑えていますので、体の表面に大きな傷跡が残ってしまうわけではありません。でも、その切開口の箇所で皮膚を裏返し、内部の汗腺を剪除する手術が行われますので、傷が完全に回復するまでにはそれなりに長い時間がかかります。そのため、仕事を休むことができない人は、なかなか手術を受けることができません。しかし、近年になって登場してきたボトックス注射を用いるわきが治療であれば、日常生活にほとんど支障が出ません。術後に仕事を休む必要がないため、ボトックス注射を用いるわきが治療を受ける人の数が増加してきています。

オススメ記事

女性

匂いの原因

わきがは日常のケアや食事療法ではよくなりません。その対策には手術によって汗腺を破壊してしまうことが有効な手段です。超音波を脇の下から入れ汗腺を破壊して根本的に治療するクリニックが福岡にはあり、その効果も大きく注目されています。

脇

夏になると

わきがの防止方法は多くあります。丁寧に除毛を行ったり、制汗作用のあるスプレーをわきにつけてみたりといろいろあります。ですがこれでも目立つ場合は手術をするという方法もあります。最近はレーザーでこのわきがを防止する方法が出てきており、横浜の美容外科でもこの方法でわきが治療を行っています。

女の人

脇の臭いを治療する方法

名古屋は蒸し暑い地域ですから汗をかく機会が多くなり、わきがで悩む事も多いです。わきがは美容クリニックなどを利用して治療をする事で、脇に汗をかかなくする事によって臭いの発生を防ぐ事が大切です。わきがの程度によって色々な治療方法があるため自分に適した治療をする事がお勧めです。