体からのヘルプサイン

カウンセリング

クマは不規則な生活による睡眠不足や仕事の疲労、ストレスなどで発生してしまいます。皮膚が薄い目の下で毛細血管などの血の巡りが悪くなり、青グマとして目立って悩んでいる女性は多くいます。目の下にクマがあると周りから疲れて見られたり、老けていると見られたりします。本人は疲れていないつもりでも、目の下にクマが発生していれば、体が休息を求めているヘルプサインの可能性があります。クマを取り除くだけで、顔は印象がだいぶ変化します。規則正しい睡眠や目の疲れを取り除き、若々しい顔になりましょう。クマには種類があり、それぞれに原因と対処法が異なってきます。自分の目の下のクマはどのような原因で発生してしまったのか知ることによって、治療と予防を行うことができます。

目の下のクマには「茶グマ」「青グマ」「黒グマ」の3種類のクマがあります。それぞれ発生する原因は大きく違い、茶グマは色素沈着などが原因で発生するクマで、青グマは血行不良などが原因のクマです。黒グマはたるみや皮膚のヘコミなどが原因のクマと言われています。原因も違うため、治療法も異なるためクマに悩んでいる方は整形外科などに行って治療法を専門医と話し合うことが必要になります。クマの治療法はレーザー治療やマッサージ、ヒアルロン酸を注入するなど様々あります。専門医に見てもらいクマの原因を知りながら、正しい治療を行いましょう。目の下のクマは何かの病気を知らせるサインでもある可能性があります。長い間クマが目の下にある方は病院に行って検査と治療を行うと良いでしょう。疲れや寝不足などが原因だからと放置すると、後戻りできなくなってしまう可能性も出てきてしまいます。

オススメ記事

女性

匂いの原因

わきがは日常のケアや食事療法ではよくなりません。その対策には手術によって汗腺を破壊してしまうことが有効な手段です。超音波を脇の下から入れ汗腺を破壊して根本的に治療するクリニックが福岡にはあり、その効果も大きく注目されています。

脇

夏になると

わきがの防止方法は多くあります。丁寧に除毛を行ったり、制汗作用のあるスプレーをわきにつけてみたりといろいろあります。ですがこれでも目立つ場合は手術をするという方法もあります。最近はレーザーでこのわきがを防止する方法が出てきており、横浜の美容外科でもこの方法でわきが治療を行っています。

女の人

脇の臭いを治療する方法

名古屋は蒸し暑い地域ですから汗をかく機会が多くなり、わきがで悩む事も多いです。わきがは美容クリニックなどを利用して治療をする事で、脇に汗をかかなくする事によって臭いの発生を防ぐ事が大切です。わきがの程度によって色々な治療方法があるため自分に適した治療をする事がお勧めです。