夏になると

脇

においの原因

夏は汗をかくこともあって他人や自分の体臭が気になる季節です。私たちの体からは特に汗をかいたつもりではなくとも1日に1000MLもの汗が出ているといわれています。全身から出る汗はエクリン腺という汗腺から出ていて主成分は水で、あとはアンモニアやアミノ酸などです。汗をかいた直後はにおわないのにあとで臭くなるのは水分が蒸発して他の成分が、皮膚の表面にいる微生物によって分解されるためです。わきの下の異臭であるわきがはアポクリン腺から分泌される脂肪性の薄い黄色い汗が原因です。横浜でも多くの人がわきがで悩んでいます。このアポクリン腺はわきや乳首、おへその周辺、外陰部などの限られた部分だけにあってしかも毛根付近に存在するために臭気が発生しやすくなっています。

他人には迷惑

わきがの場合、人によっては周囲の人を不快にさせるほどの強烈なにおいがあります。横浜でもこんな方がよく見受けられます。わきがに本人が気が付かないケースもありブラウスなどを来た時にわきの下が黄色ぽく変色してしまう人は注意が必要です。わき毛はこまめに除毛して薬用石鹸でわきの下をよく洗うようにしてください。まだ匂いが気になるようだったら汗と細菌の量を抑える制汗、制臭作用のあるパウダーやローションを使ってみてください。横浜でもこれらを使って快適に生活している人も多くいます。症状がひどい場合は手術が必要になってきます。電気分解で毛穴とともにアポクリン腺を焼いて塞いでしまったり、直接アポクリン腺を切除したりする手術があります。最近はこのアポクリン腺の破壊をレーザーで行うところも横浜ではあります。

オススメ記事

女性

匂いの原因

わきがは日常のケアや食事療法ではよくなりません。その対策には手術によって汗腺を破壊してしまうことが有効な手段です。超音波を脇の下から入れ汗腺を破壊して根本的に治療するクリニックが福岡にはあり、その効果も大きく注目されています。

脇

夏になると

わきがの防止方法は多くあります。丁寧に除毛を行ったり、制汗作用のあるスプレーをわきにつけてみたりといろいろあります。ですがこれでも目立つ場合は手術をするという方法もあります。最近はレーザーでこのわきがを防止する方法が出てきており、横浜の美容外科でもこの方法でわきが治療を行っています。

女の人

脇の臭いを治療する方法

名古屋は蒸し暑い地域ですから汗をかく機会が多くなり、わきがで悩む事も多いです。わきがは美容クリニックなどを利用して治療をする事で、脇に汗をかかなくする事によって臭いの発生を防ぐ事が大切です。わきがの程度によって色々な治療方法があるため自分に適した治療をする事がお勧めです。